このページの先頭です。

さぬき三十三観音霊場の紹介

第一番

東福寺

とうふくじ
本尊聖観世音菩薩
開基行基菩薩

〔画像クリックで拡大表示〕
身代わり観音さまの寺
奈良時代、行基菩薩が開基。
古くは実蔵坊と言い、市内浜ノ丁の弘憲寺境内の辺り、松平藩御船蔵の西側にあったらしい。
万治三年増見阿闍梨が中興再建。元禄二年東福寺と号す。寛保二年現在地に移転。
延享元年本堂が建つなど、伽藍が整備されたが、昭和二十年八月、高松大空襲により、山門を残して全て焼失。
昭和二十五年五月、本堂などが再建されて現在に至っている。
住職おすすめスポット
  • ◆サンポート地区
  • ◆中央公園
  • ◆巴堂ぶどう餅

アクセスガイド

住 所

〒760-0017 高松市番町一丁目4-3

電 話

087-821-7260

参拝時間

8:00~17:00

駐車場

トイレ

有り

△このページの先頭へ