このページの先頭です。

さぬき三十三観音霊場の紹介

第六番

観音寺

かんおんじ
本尊十一面観世音菩薩
開基弘法大師

〔画像クリックで拡大表示〕
藩主松平公参詣の寺
弘仁年間千百余年前、弘法大師が創建し秘密道場とした。
その後、承和五年、天台座主の慈覚大師が入唐するにあたり、大師の遺跡を訪ね、この地に来錫し、本尊の十一面観世音菩薩を自刻し、不動明王、毘沙門の二体を脇待として安置した。江戸時代には藩主松平公の尊崇を受け、一時は末寺二十六を数えるほどに隆盛を見、往時繁栄したという。現在は厄除け観音として、その信仰を集めている。
住職おすすめスポット
  • ◆白鳥神社
  • ◆権平うどん
  • ◆ぶどう餅

アクセスガイド

住 所

〒769-2704 東かがわ市帰来797

電 話

0879-25-2587

参拝時間

8:00~17:00

駐車場

10台、バス2台

トイレ

有り

年中行事

  • [3月31日]春の流水灌頂法要

△このページの先頭へ