このページの先頭です。

さぬき三十三観音霊場の紹介

第十六番

極楽寺

ごくらくじ
本尊如意輪観世音菩薩
開基行基菩薩

〔画像クリックで拡大表示〕
一願地蔵尊もお参りしたい寺
養老五年行基菩薩が開基。現在の東約二キロメートルの菩提山に、山寺としてあった。天長元年弘法大師が毘沙門天像を刻んで、守護仏として安置。
この毘沙門天は藤目城主斉藤重房によって城に祀られていたが、長曽我部の兵火で城が落ちた時、寺に帰る。なお、その時、奥方のお祀りしていた如意輪観音も勧請されて、共に祀られた。
慶長七年美濃国山下才治郎によって現在地に移転、再興されて現在に至っている。境内には一つだけお願いする一願地蔵も祀られている。
住職おすすめスポット
  • ◆四国霊場第六十七番 大興寺
  • ◆粟井神社(あじさい神社)

アクセスガイド

住 所

〒768-0052 観音寺市粟井町280

電 話

0875-27-6133

参拝時間

8:00~17:00

駐車場

10台

トイレ

有り

△このページの先頭へ