このページの先頭です。

さぬき三十三観音霊場の紹介

第十九番

覚城院

かくじょういん
本尊千手観世音菩薩
開基弘法大師

〔画像クリックで拡大表示〕
戦国時代仁尾城跡
弘仁十年弘法大師が創建。
はじめは、七宝山の麓、南草木という所にあり、菩提心院と呼ばれていた。
応永年間には、大師再来と言われる増吽僧正によって再建されている。
天正七年長曽我部の兵火にかかったが、再建され、更に宝永年間には三等上人が、仁尾城跡の現在地に移転し、覚城院と改めた。
鐘楼堂は桃山時代の様式で重要文化財に指定されている。
住職おすすめスポット
  • ◆妙見宮
  • ◆蔦島
  • ◆賀茂神社

アクセスガイド

住 所

〒769-1407 三豊市仁尾町仁尾丁845

電 話

0875-82-2051

参拝時間

8:00~17:00

駐車場

5台

トイレ

有り

△このページの先頭へ