このページの先頭です。

さぬき三十三観音霊場の紹介

総本寺

善通寺

ぜんつうじ
本尊薬師如来・弘法大師
開基弘法大師

〔画像クリックで拡大表示〕
弘法大師生誕の寺
弘仁四年弘法大師が開創。
寺は、唐より帰国した大師が、師の恵果阿闍梨の住していた唐の青竜寺に模して建てられ、父の名善通をとってその名とした。
真言宗の寺院の中では、日本で一番古く、現在真言宗総本山となっている。
東西両院から成り、東院は伽藍と呼び、そこにある金堂は貞享年間の再興、高さ四十五メートルの五重塔は明治三十六年に建てられたものである。
西院は誕生院と呼び、大師を祀る御影堂が中心となっている。

アクセスガイド

住 所

〒765-8506 善通寺市善通寺町3-3-1

電 話

0877-62-0111

駐車場

有り

トイレ

有り

△このページの先頭へ