このページの先頭です。

さぬき三十三観音霊場の紹介

第三十番

圓通寺

えんつうじ
本尊如意輪観世音菩薩
開基宥弘法印

〔画像クリックで拡大表示〕
細川管領の名跡を擁す
永仁年中宥弘法印によって、青ノ山の東麓の観音山に開創された。現在その趾は「観音堂」と呼ばれ、三個の巨石が重なる「三つ岩」が遺っている。
戦国の兵火にかかって焼失したのを、延宝三年良意法印が、五十メートル程下った現在地に再興している。
この地は、室町時代、足利幕府の執事として活躍した細川頼之が、前後十二年間にわたって居を構えたといわれる所である。
住職おすすめスポット
  • ◆うたづの町家とおひなさん

アクセスガイド

住 所

〒769-0210 綾歌郡宇多津町1263

電 話

0877-49-0019

参拝時間

8:00~17:00

駐車場

トイレ

有り

△このページの先頭へ